機関車といえば蒸気とディーゼルでしょ

鉄道と鉄道模型のほんず


約2年放置してしまいました

f:id:Tanktankro:20220213150310j:plain

大変おくればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、本日で自分のドメイン所有から5年が経過いたしました。
ここからは、1年更新です。忘れない様にしなくっちゃ。当方も昨年還暦を
迎え、いつ何時突然死ってこともありうるかなと考え1年刻みで更新としま
した。皆さんは、どんな風に運営されているにでしょうねぇ。

巷はコロナだまん防だと、なかなか気軽に撮影へ出かけにくい状況で、
あっと言う間に昨年八月から約2年も放置してしまいました。
今年こそは、撮影に旅行にとアクティブに過ごせるかと思いつつ。
どうも、コロナの野郎がそうはさせじと踏ん張っている様で...悩ましい。
お陰さんで、大好きな映画や、勝手に師と仰ぐ南正時先生の作品展、
久里洋二先生の個展へも出かける事が出来ず...無念(コロナ感染したくな
い事情が...)。先生、大変失礼しております。

ま、コロナ感染したくない事情の1つが3末で終了となるのですが。まだ
まだ隠居はしたくない。

という事で、今年は職探ししつつもう少し写真も撮ろうかなと考える次
第であります。

本年もよろしくお願い申し上げまするぅ〜。

 

JAM2019:HOJCブースの様子

今年も行って参りました。JAM。
やっぱ東京ビッグサイトは遠い。片道2時間。小旅行だ。

さて、今年は西1での開催。場内は広い?が変形している。やけに物販エリアのブースが接近していて、通路が狭い。やっぱ東がいいな。

 

ということで、様子を動画にまとめてみました。
どうぞ。
※この手の記録って難しい。背景に写り込んでしまった方々、大変申し訳御座いません。

youtu.be

今年の収穫は...DCCで操作できるカプラー。ボタン1押しで、切り離しが出来る代物。

f:id:Tanktankro:20190817125420j:plain

Subarashi Models Smart Coupler

そのうち、何かに組み込んでみよう。

さて、来年はどうなるのでしょう、JAM。
東京ビッグサイトはTOKYO2020で使えないし。

弘南電鉄 中央弘前駅

数年振りに田舎へ出向く機会を得て、弘南電鉄 大鰐線 中央弘前駅へ出向いてみた。
日没間近だったので、かなり駆け足。不本意ですが、乗車せず仕舞いでした。

f:id:Tanktankro:20180925181629j:plain
本屋の左手がオープンスペースになってました。

f:id:Tanktankro:20180925181748j:plain
本屋脇の駐輪場の奥から。

 

f:id:Tanktankro:20180925184926j:plain
駅を出て、1つ目の踏切から駅方向を。

f:id:Tanktankro:20180925185045j:plain
同踏切から弘高下駅方向。

 これからも存続して欲しい。
子供の頃は、良く乗ったし、線路脇で良く遊んだ。
皆さん、ぜひ弘前へ出向かれたら乗ってください。

弘南電鉄 大鰐線(中央弘前 - 大鰐)、弘南線弘前 - 黒石)の2線です。

19th JAM 2018

鉄道関連Blog、年始のご挨拶以来の投稿になってしまいました。

今年も、JAMへお出かけ。例年だと初日と決めていたのですが、今年は2日目。

とにもかくにも、HOJCのブースへ直行。皆さんへご挨拶と会費を納めて。

f:id:Tanktankro:20180818171109j:plain

f:id:Tanktankro:20180818171155j:plain
今年のスイカの出来は如何ですか?

f:id:Tanktankro:20180818171315j:plain
今年もスイカの出来は良さそうですね。

f:id:Tanktankro:20180818171611j:plain
昭和の世界です。50〜60年前は、こんな風景がそこここにありました。

f:id:Tanktankro:20180818171847j:plain
HOJCでは、12mmゲージをDCCでコントロールしています。

f:id:Tanktankro:20180818172355j:plain
栗原さんの煙の出るSL。

f:id:Tanktankro:20180818174654j:plain

来年は、見ることができないかもしれないという、相武鉄道レイアウト。
来年の宿題は、モジュールレイアウトなのか?

他のブースで気になったものは、次の車両。さて、これらは?

f:id:Tanktankro:20180818172933j:plain
実はレゴなんです。

f:id:Tanktankro:20180818173204j:plain

出来が良いですよね。結構大きいんですよ。ちゃんと走ります。

f:id:Tanktankro:20180818173515j:plain
各種スケールのガントリークレーンと給炭機(すいません、どちらのブースでしたか失念)。高いなぁ〜。

f:id:Tanktankro:20180818173325j:plain
河原さん(左)と山内会長(右)

f:id:Tanktankro:20180818174112j:plain
左から山内会長、飯田さん、浅野さん、お客様、栗原さん。

f:id:Tanktankro:20180818185944j:plain
自動運転の調整中の増原さん。

f:id:Tanktankro:20180818190916j:plain
自動運転レイアウト。

 

最後に、8mmカメラで撮影した風な動画を。

youtu.be

youtu.beということで、記録/報告まで。

ジオラマ入手

Pine Cone Productさんから購入したいたしました。
見覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんね。
Blogで一目見て欲しくなりました。
恒例の蒲田でのイベント観に行けなかったので、既に売切れかと思いきや。
まだあるとの事で、ほぼ即決です。
早速車輌を載せてみました。
幅が600mmなので、少し短めの蒸気という事でC55とスユニ60で。

f:id:Tanktankro:20171108142913j:plain

土手の草叢から撮影したした風に。

f:id:Tanktankro:20171108143038j:plain

トンネル辺り。

f:id:Tanktankro:20171108143150j:plain

雰囲気あるある。
売って頂いて感謝です。
かみさんには、何て言おうかな。価格はそのまま言うと角が出そうなので。
半分位の価格で入手したと言うことにしておこう。